男女とでは若干違ってくる違う結婚適齢期

 

結婚適齢期と言うのがありますが実際には何歳くらいで男女ともに同じくらいなのでしょうか?
結婚する目的は色々あるでしょうけど家族を持つこと、子供を授からと言う事が1番の目的でしょう。
しかし子供を有無には期限があります。
何歳でも子供を産むと言う事は不可能です。
ですので女性は30歳を過ぎると結婚に焦ってしまうのです。

 

35歳くらいに子供を授からなければこれ以上の年齢になると難しくなりますし生まれてくる子供にも悪影響が出たりリスクがはらみます。
男性の場合でも何歳でも関係ないと言う事はなく種無しの男性もいますし種が少ない方もいます。
そう言う男性は受精するのは難しく非常に大変で時期など考えて計算してしなくてはなりません。

 

そう言う事から結婚適齢期と言うのは女性は25歳以上から30歳くらいの5年間くらいでしょうか。
男性の場合は特に体に問題が無ければ40歳でも50歳でも子供を作る事は可能です。
付き合っている彼女が30歳を過ぎれば、そのままダラダラ付き合わずにプロポーズして結婚するか、その気がなければ早めに別れるのが女性のためでしょう。

 

男性と30歳過ぎくらいまで長期にわたって付き合っていて結婚したいと願望があるのに、突然別れ話を持ちかけられたら女性は相当なショックです。
これから新しい男性を探して付き合って結婚するまでの期間を考えると35歳を過ぎてしまう可能性もあります。
彼女が30を過ぎれば責任をもって結婚しましょう。

 

男性は若いうちは遊びたい願望があり一人の女性に縛られたくないと考えますが、結婚を後回しにすればするほど魅力的な女性は少なくなって行きます。
綺麗でカワイイ、美人でスタイルの良い性格の良い女性は常に男性に告白され付き合っていて早く結婚してしまいます。
魅力的な女性と付き合うことが出来れば早めに結婚するのも良いかもしれませんね。